wood works

安楽肉球椅子

作品名: 安楽肉球椅子2018
Easy chair -Paw of a cat 2018
製作年度: 2018/06
素材: ラワンベニヤ、合皮

◉我が家の夕食はリビングに置いた、少し低めのダイニングテーブルでいただきます。ソファやラウンジチェアーが丁度良い高さで作っています。家族でテレビを観ながら夕食をとり、そのまま呑みながらくつろぐのが我が家のスタイルです。

夕食が終わってテレビを見ていると、よく妻がうたた寝をしています。いわゆる舟を漕ぐと言うやつですね。コックリコックリと何回か漕いでから、ガクンッと頭が落っこちて、その衝撃で目を覚ます。でもまたすぐに瞼が落ちて来て、コックリコックリと漕ぎ出す訳です。首を痛めやしないかと心配になるくらい繰り返しやっております。
そんなに眠いのならベッドに入ったらと勧めるんですが、それは嫌な様で
「もう目が覚めた。」とか
「寝てはいなかった。」とか、色々な事を言って再びテレビを見始めるんですが、ものの三分もしないうちにまた…。
ならば…、逆にもう少し寝やすい椅子を作ってやれば良いじゃないか!
と、言う訳で…ヘッドレスト付きのラウンジチェアーのデザインの時間です。

●ヘッドレストを含めた背凭れ部分は3パーツに分かれているのは、クッションの厚さや形状をパーソナライズ出来る為にです。頭、背中、腰を分けて調整出来るので、フィット感を出しやすい仕様です。腰受けの部分が肉球ぽい感じ。

●ネコ対策としてクッション部の張り替えが楽に出来る事は、重要度の高い要素です。今回は全てのクッション部分がボルト留めになっていて、簡単に取り外しが可能です。

 

●曲げ合板のヘッドレスト。

●背中に3枚の24mm合板を使用していて、結構重いです。それが安定度にも繋がるのですが、掃除はチョット大変かな?

●今回初めて作った曲げ合板。ヘッドレスト部と背中を受ける部分に使っていますが、木型はコレひとつ。曲げてから切り抜く形を変えています。

●曲げ合板。スケボーのつもりか。

●木工部分の殆どは合板にしました。合板は断面を見せると安くなりがちですが、滝澤ベニヤ株式会社さんのPeper-woodみたいな素敵なモノも在ります。いつか使ってみたいなぁ。個人でも売ってくれるのかな。

●どうせ直ぐに爪でボロボロにされるので、張り替えてカラーバリエーションを楽しもうと思っていたのですが、とても大事に使ってくれています。もう一脚作ろうかなぁ。