wood works

愛と勇気の間に

作品名: 亥年のサラダサーバー
Boar type salad server
製作年度: 2018/12
素材: レースウッド、ウォールナット 

◉2019年、あけましておめでとうございます。

本年の年賀状は「干支クラフトシリーズ」の第五弾『亥年のサラダサーバー』です。
2016年の12月。干支クラフトシリーズとして始めた実用品と干支の動物を掛け合わせた作品で作る年賀状の三年目。2017年酉年に向けてニワトリを模したカッティングボードを製作しておりました。から始めてと来て来年は戌か、犬はアレがあるから最悪それで行くとして、その次は…
亥。イノシシって難しいなぁとその時から思っていました。まぁでも、一年もあれば何か良いアイデアが閃くだろうとタカを括っていたのですが…、結果は直前までノーアイデアです。そんなもんです。
で、何を難しいと感じていたかというとですね、僕の創っている作品は“モダンポップ”とか“レトロポップ”とかの線を狙っているんですけど、ポップの要素をどの位効かせるかがキモだと思っているんですね。どうもこのイノシシっていうモチーフはこのさじ加減がしにくい。濡れたスプーンでさとうを入れる感じと言うか、固まった粉チーズをふりかける感じと言うか、微調整が難しいなぁと。いくつもアイデアは有ったんですけど、シンプルな線に削ぎ落として行くとファンシーな感じが強くなり、ディテールを加えると民芸調に寄り過ぎそうで、中々落とし所が見出せなかったんですよね。これは多分、僕の頭の中てウリ坊のキュートで愛おしいイメージと親イノシシの猪突猛進の勇ましいイメージとが綱引きしてるんだなって事になったので、ええいそれじゃあ混ぜてしまえって作ったのがコイツです。 

●勇ましい猪と愛おしいウリ坊の間に挟むのは美味しいサラダ。サラダサーバーの持ち方にはジャパニーズスタイルとウェスタンスタイルが有るそうです。

 

●スプーンの方は怖そうなお父さん。フォークの方は可愛いウリ坊。

●レースウッドの不思議な木目が美しい。

 

●組み合わせて置くと、一頭のイノシシに見えます。この形でスタンバイする為に専用のスタンドをウォールナットの削り出しで作りました。