leather works

一ツ眼のベルトポーチ

作品名:ひとつ眼牛のベルトポーチ
One-eyed cow Belt Pouch
製作年度 :2018/02

素材:オイルレザー、ヌメ革、パドック、黒檀など 
一ツ眼のベルトポーチ 大鼬鼠拳銃郎
一ツ眼のベルトポーチ 大鼬鼠拳銃郎

◉大道具設営時などの現場作業時に腰に携帯する工具袋をガチ袋と呼びますが、よく使う道具などを腰にぶら下げておくのは便利なものです。もう一昔前になりますが「カリスマ美容師」などが流行った頃、何本ものハサミを腰の道具袋に入れて格好良くパフォーマンスをしていました。この腰道具「シザーケース」も流行していろんな商品が売られる様になりました。

 

 僕は財布を常時携帯する派なので、主に財布ケースとして随分色々なシザーケースを試しましたが、どれもサイズやポケット数が帯に短し襷に長しで、中々自分の持ち物がスッキリと収まる様な都合の良い物には出会えません。ならば作るしか無いと製作をはじめました。

 

 中に入っている物を出し入れする時に手探りだけで済む様に、大きな開口部が一瞬で開く特殊な蓋になっています。これが非常に便利なんですよねぇ。ペンホルダーもお気に入りのボールペンにジャストサイズ。スカスカやキツキツとはおさらばです。作って良かった。モチーフは牛。ひとつ眼の牛です。牛に見えないって?じゃあモンスターでもいいです。でも中々愛嬌のある顔をしてるでしょう?眼の部分は木象嵌です。眼玉から鼻輪がぶら下がっています。うーん、やっぱりモンスターか。