wood works

南京子椅子

作品名: 折り畳み式南京小椅子
Fieldwork folding chair h290
製作年度: 2015/2
素材:檜、MDF、ウレタンetc 

◉南京椅子ってあるじゃないですか。丸い座面の四本足のスツール。丸椅子とも言う椅子の基本形の一つ。あのフォルムが好きなんです。

当時、私は結構ドラマの撮影でロケに立ち会う機会がありました。ドラマや映画の撮影は非常に時間がかかります。スタジオであれば座るところも多いですが、ロケ現場によっては腰を下ろす場所が見つからない事もままあります。制作スタッフの方がパイプ椅子を振舞ってくれたりもしますが、スタッフ全員分が用意出来る訳でもなく、気も使いますし遠慮する事の方が多くなるんですよね。でもね、一日中立っていると結構キツイんですよー、最近は。と、言う事で作ってみました、携帯用の折りたたみ椅子。木製の小さな折りたたみ椅子なんか別段珍しくありませんし、100均に軽くて携帯性の良いプラ製の物が300円位で売っています。でもね、、どうせ座るなら小ちゃい南京椅子が良いなぁと思っちゃったんですよね。
さア、ここからがデザインの時間です。軽くて、丈夫で、でも出来るだけ座りごごちの良い、持って歩きたくなる小さな丸椅子は、どうやって折りたためば良いか。たどり着いた答えがこの椅子です。

●長時間の座り心地を考えると、クッション入れたくなりますよ。でも、入れ過ぎると重くなる、厚くなる。薄くても一応硬さの違うウレタン二重構造で底打ち感を軽減させています。

 

●畳んで、肩から掛けてGO!

作っているうちにロケとかじゃなくて、晴れた日のスケッチなんかに持って行きたくなって来ました。河原でお弁当なんかたべたいね。 

●座面がセパレートになっているのが、斬新じゃありません?実はこの座面の裏には小さな足が付いていて、座面単体でも座布団みたいにつかえます。濡れたベンチの上なんかに置いてお尻をガード。 

 

●組み立て方

•座面を取り外す。
•脚を十時に広げて、ストラップを絡ませる
•脚の先端部に座面の穴を合わせて合体。
•磁石でくっつきます。