leather works

12アングリー・オクトパス

作品名: 十二支になれぬイカならぬタコ
iPhone 12pro case
製作年度: 2021/02
素材:クロコ形押し革、アバルトレッド、ブラウン、黒檀 他
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

タコが良いです。

先ず、構成される要素が良い。

八本足で、墨を吐き、軟体で吸盤。なんだそれ!これだけでワクワクします。

 

突飛で個性的なギミックなのに、軟体のお陰でフォルムの自由度が高くて、

恐ろしくもあり、コミカルでもある。

 

イカって云うライバルが居るのも魅力。

そして、食べても美味しい。

外国では食べない所もある様ですが、それもまた良い。

 

つまり、タコが好きです。

 

と云う訳で、今回のスマホケースはタコです。

怒っているタコ。

スマホの背面に貼り付いた彼は、一体何に怒っているのか?

背中に流れる、ニュースサイトご後手後手の感染対策ばかりを伝えるからか、地球の環境を悪化させる商品がECサイトに溢れているからか…。

 

何に怒っているかは分かりませんが、なにかを睨みつけています。

蛸って真っ赤になってプンプン怒っているイメージもありますよね。茹でると真っ赤になるのは海老も一緒なのにね。

 


12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

●iPhone12はレンズが三つも付いて、しかも超広角なので、レンズ開口部をかなり大きく取らなければなりません。エッジ部分も細くなって気を使います。

12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

●瞳は黒檀。白眼の  の木目が軽く血走った感じを出してます。



12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

●頭と顔のプックリがいい感じ。触った感じも良い感じ。

12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

●今回は指を引っ掛ける部分だらけ。持ち方のバリエーションが豊富です。



12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

●笑った口元の様な「スマイルフラップ」カードが落ちない為のストッパーの役割も果たします。

カードを押し上げる為の穴から写真を見せるのもあり。

12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

●タコの吸盤はシルバーのビョウで。グラマラスなDカンが、短い距離なのに複雑なタコの足を表現しています。



12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

●裏面はシンプルに造形無しですが、使い込むうちにアバルトのチョコに刻まれる凹凸が、良い感じのマチエルを作ってくれます。

12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

●内側のアバルトのレッドも使い込む程に渋い色味に育っていくイタリアンレザーならではの経年変化を楽しめます。


12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎

12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎
12アングリー・オクトパス 大鼬鼠拳銃郎